in 2009


写真制作を始めたのは、2009年のこと。
衝動的に、Nikonの一眼レフカメラを購入したのが、
直接的なスタート。


それ以来、どこかにでかける時には、
ほぼ確実に、持ち歩く様になって、
気が付いたら、同行している人達をほったらかしにして、
「人間は撮らないの?」と、
いわれるくらいに、夢中になった。


どうして自分が、そこまで写真に夢中になったのか?
それは、わからない。


わからないけれど、でも、
たぶん、カシャッ! というシャッター音や、
よいしょ、と、重たいカメラを構える瞬間が、
楽しかったから、かもしれない。


ここに掲載している3作品は、そんな2009年に
撮影した組写真です。
初めてカメラを手にした時の「ワクワク」が感じられて、
なかなか面白い作品になったのではないかと思っています。


2009 佐藤 隆弘





 
反対の方向を見て撮影したので、
Akatsuki(暁)とした。
 
どうせなら「行けるとこまでいこう」
なった。
 
飛行機を見るのが、
やたらと楽しく感じる時期があった。

Instagramより