あなたの「イメージ」を、

形にしていくために。

 
 
 
 
 
 

制作メニュー


力強いメッセージは、観覧車のように中心から外側へ、
大きく広がっていきます。
 
たくさんの人を魅了し、わくわくを産み出していく。
そんな表現を作り出していくために、
わたしたちは、風を読み回り続けて行きます。 くるくる。
 
0) はじめに
1) 制作内容について
2) 制作期間・制作料について
3) 過去の制作例
 

はじめに(1)
伝わる広告に、伝わる文章あり。= ことばを大切にした制作を続けています。
 
売れる広告・ホームページに「伝わる文章」あり。
これは、佐藤が12年前に事務所を設立した際に掲げたキャッチフレーズです。
当時の「デザイン重視」の風潮に対して「何を伝えるか=言葉」の大切さを表したフレーズなのですが、12年が経過した今でも、まだ存在感のある言葉だと私たちは考えています。
 
たった一行の「ことば」が、きっかけで新しい「つながり」が生まれていく。
生まれたつながりが広がり、新しい「場所」を作っていく。
そのような、パワフルな瞬間を作っていく「言葉さがし」のお手伝いができたのなら、ほんとうにうれしく思います。

はじめに(2)
段取り8分に仕事2分 = 時間をかけ、ていねいに仕上げていきます。
 
佐藤は「段取り8分の仕事2分」と良く口にします。「実際に制作を始める前の準備段階」で完成度が決まっていくと考えているからです。「迷ったら、最初にもどれ」とも口にします。これは「せっかくここまで作ったのだから…」と、躊躇してしまう自分の弱さを乗り越え、潔く最初からやり直す自分を鼓舞するためです。
 
どちらにせよ「しっかりとした土台」があるからこそ、ぐいぐい前に進めますし(たとえ最初からやり直すとしても)出発点が明確になっているから、迷いなくもどることができるわけです。
 
私たちは「十分な土台作り」をするために、まずは、じっくりと担当者の方と打ち合わせを行い、資料を用意していただき、方向性が定まってから制作を開始する段取りを大切にしています。
このような職人的制作方法は、時間と費用もかかりますから、スピードと効率が重要視されがちな今の世の中で、私たちの方法は時代の逆を進んでいるのかもしれません。
それでも、私たちのやり方を信頼して、おまかせして下さるみなさまの気持ちに答えるために、昨日も今日も明日もあさっても、時間をかけて「段取り」していきたいと考えています。

はじめに(3)
ことば+デザイン+つなげる = 総合的なディレクションを行います。
 
当初は「キャッチコピーの制作」から始まった私たちも、お客様からの「新規事業のブランディングを頼みたい」などと、総合的な制作を依頼いただくことが多くなってきました。
 
そこで私たちは「ことば」+「デザイン」+「つなげる」というコンセプトを設置し、総合的なディレクションを行っています。統一感のあるメッセージは、ブレずに力強く表現していくことができます。私たちが描く「ことば」に共感いただいた方は、ぜひご相談ください。あなたの「次のステップ」へのイメージ作りを応援していきます。

 

 制作メニュー

 

1)キャッチコピー制作(コーポレートスローガン・会社理念作成)
2)広告制作各種
3)ホームページ制作(企画・デザイン・管理)
4)ポスター・パンフレット・冊子(企画・編集)
5)総合プロデュース

製作期間 制作費などについて
 
1)私たちは小さな制作チームです。小さいながらのコミニュケーションの良さを生かすことで、ていねいな制作を実現することができているのですが、その反面一度にたくさんの依頼にお答えすることができません。そのため「今週末までに作ってほしい」というような、新規のご依頼はお引き受けすることができませんのでご理解、ご協力をお願い致します。制作希望の2ヶ月前を目安に、ご相談いただけると幸いです。お話を伺ってから、当方の制作プランを提案させていただきます。
 
2)10人いれば10人の個性があるように、会社や商品も全く同じものは存在しません。そして、制作物はすべてオーダーメイド(一品もの)です。そのため制作費については「一律◯円」という表記ではなく、具体的なお話を伺ってから私たちの「制作プラン」を提案させていただきます。初回のカウンセリングの際に「何をどのように、表現していきたいのか」をご相談ください。ポスター制作 例)「企画(ディレクション)+コピー+デザイン+各種印刷費+諸経費(交通費等)=合計」
 
3)私達の制作方法は「カウンセリングを通して、クライアントが気がついていない『言葉』『課題』を掘り起こしていくというスタイルです。プロジェクトの担当者と「共に創り上げていく」時間を大切にしていますので、打ち合わせへの積極的な参加をお約束願います。